· 

【ケースレポート2】30代・女性・足首の痛み

写真はイメージです
写真はイメージです

【30代・女性・足首の痛み】

 

来院の1週間前に右の足首をひねり、それ以来痛みが取れないとのこと。以前に左足首の捻挫(Ⅱ度損傷=部分断裂)もしており、最近はキックボクシングのジムでキックボクシングを習い始めたとのこと。

 

初回の評価・検査より


もともと関節が柔らかい方ということで、両足首とも若干ゆるめでしたが、左右差はありませんでした。右の足首に関しては背屈制限(足を甲の方に曲げる動き)があり、アキレス腱もかたく、足首周りの筋肉のバランスがくずれていました。

片足立ちのバランスを見てみると、足首や股関節でも頑張ってバランスをとろうとしていたので、股関節周りの筋肉バランスも気になりました。

 

施術について


腰部や下肢全体のバランスをみていくべきでしたので、腰椎・骨盤・足首へのアジャストメントと併用して、筋肉のバランスケア・IASTMを行いました。

足首へのアジャストメントを2回行ったあとは、動きの制限はなくりましたが痛みが少し残っていたので、エクササイズを増やしていきました。

 

左足首の既往歴による影響が股関節や骨盤帯を通して、右側にも出ていたので、からだ全体の機能やバランスをみてアプローチしていきました。

 

早い段階でエクササイズメインのケアに移りました。2カ月程で足首に関しては気にならなくなったとの報告を受けました。

 

骨盤・股関節周りをもっと安定させたいのと、肩こりが少し気になるので引き続き定期的なケアを提供しています。

 

今回のケースに関して


ケガの一番の原因は昔のケガという言葉がとても当てはまるケースでした。

ケガした場所と同じ場所をケガしてしまうという例だけでなく、ケガした場所をかばおうと他の部位に影響が出ることも多いです。

 

キックボクシングなどで蹴りを行うときに、地面に着いている軸足が大切ということはイメージがわくかと思います。(サッカーボールを蹴る時のことを思い出してみてください)

 

今回のケースでは、過去に左足首を捻挫したことにより、右脚で蹴る際の軸足である左脚が不安定になり、骨盤・股関節・右足首に影響が出ているような印象でした。

 

*このケースレポートはカイロプラクティックの効果を保証するものではありません。

*結果には個人差があります。

お問い合わせメールフォーム


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


立川市のOUMIスポーツカイロプラクティック