· 

【椎間板ヘルニア・腰部】ヘルニアは勝手に治る?


運動やスポーツにおいても椎間板ヘルニアに悩まされている方は多いです。練習や試合に参加できない、長引いていてすっきり復帰できていないなど気分的にもイライラする症状の一つです。日常生活や仕事においても同じような経験をした方もいるかと思います。

 

*後ろに飛び出した椎間板=Herniated disc、圧迫された神経=Pinched nerve

 

椎間板は脊椎の一つ一つの間にありクッションの役割をしています。もちろん首から腰にかけてあるものなのですが、ここでは特に腰部(腰椎)のものに関してまとめています。

 

腰をグキッとやってから、腰痛とともに脚にしびれが出たり、脚の力が入れにくくなったりといった症状がでてくることがあります。

軽い腰痛を何度も繰り返していた人がある日突然なることも多いです。

坐骨神経痛に関してはこちらもご参照ください。

 

しっかりとしたアプローチをしないと、症状が長引いて日常生活や仕事に大きな影響が出てしまうことが多いです。

 

*ヘルニアという言葉は飛び出ているという意味なので、椎間板が飛び出ているという意味の言葉になります。

 

腰に無理なストレスがかかり、椎間板が後ろに飛び出てしまうことで、後ろを通っている神経を圧迫してしまい上記のような症状が出てしまうことがあります。

また、直接圧迫していなくても炎症が起こってしまうことで同じような問題が出てくる場合もあります。

 

椎間板ヘルニアへのアプローチ


椎間板ヘルニアでは、飛び出し方のタイプによって出てくる症状やどういったアプローチをするかが違ってくるのでまずは医療機関を受診してMRIなどでどのようなタイプかを調べることが重要です。

 

多くの場合、「安静や痛み止めの薬を飲む」・「湿布を使う」などと言われると思いますが、改善方法に関してはまずはエクササイズや運動療法・徒手療法でアプローチしていくことが最近ではすすめられています。手術はその後の選択肢になります。

 

過去にヘルニアになったことがあると


最近のある研究では、膨隆・膨張型(=Protrusion)というタイプの椎間板ヘルニアに関しては時間経過と共に勝手に元に戻って治っていくことが結構あるそうです。しかもこのタイプのものは意外と多いです。 (1)

 

だからと言って放置していていいワケではもちろんありません。

 

昔ヘルニアをやったことがあるという方の中で、「何もしてないけど治っちゃった」と言われる方がたまにいらっしゃいます。放っておいて良くなったと思っていても、実は脳としては身体の使い方を変えてどこか他の場所にストレスをかけながら動いている状態です。

 

「なかなか良くならなくてずっと痛い」「ずっと症状がある」といった方も多いですが、エクササイズや徒手療法、休息などを上手く合わせてアプローチしていくことで、より効果的にそして再発が少なくなるようにしていけると言われています。

 

やはり適切な身体の使い方や脳とからだのコミュニケーションを正しくしていくことが長期的にみても必要かと思います。これは椎間板ヘルニアに限ったことではありませんが。

 

「ずっと安静にしているけど良くならない」

「昔やったヘルニアのせいでなんだかずっと腰の調子が悪い」

「またやってしまうかと思うと怖くて思い切り運動ができない」

「ずっとコルセットを巻いて生活している」

「ずっと付き合っていくしかないと思っていたけど、今一度できることをしてみたい!」

 

といったことでお悩みの方は是非一度ご相談ください!

 

OSCでのアプローチ


  1. 医療機関の受診が済んだ状態、なおかつどのようなヘルニアのタイプかを調べた上で、初回の検査により今現在お持ちの症状から何ができるかを判断していきます。
  2. 脳とからだのコミュニケーションを良くするためにカイロプラクティックアジャストメントを行います。ヘルニアがある場所に関しては反応をみつつ徐々にからだに優しいアプローチからやっていくので、いきなりアジャストメントを行うことはありません。
  3. ご自身でできる範囲でやっていただくためのエクササイズを練習します。
  4. 生活習慣などで注意する点をアドバイスさせていただきます。

*OSCでは初回の評価・検査結果からあなたに合ったケアプランを作成し、根本的な解決をサポートします。

*初回の結果によっては、整形外科などの受診・再受診をすすめさせていただきます。


参考文献:

  1. Zhong M, Liu JT, Jiang H, Mo W, Yu PF, Li XC and Xue RR. Incidence of Spontaneous Resorption of Lumbar Disc Herniation: A Meta-Analysis. Pain Physician. 2017 Jan-Feb;20(1):E45-E52.

お問合せ・ご予約はこちらから↓


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


立川市のOUMIスポーツカイロプラクティック