OUMIスポーツカイロプラクティックはこんなところです


最近は多くの治療院やマッサージ・整体などがあるため、どこに行けばいいのかわからず迷ってしまうという声をよくお聞きします。通いやすい・先生が面白い・腕が良いなどいろいろな理由で決められることが多いですが、ここでは当オフィスの特徴を今までみてきた方々や選手達の声をもとにOSCはこんなところですよということを紹介していきます。

 

◎資格や教育背景がしっかりしている


 

「どんな人が施術をするのか調べてみたけど、その人がどんな勉強をしてきて、どういう資格を持っているかわからないことがある。」

 

 

⇒スタッフはカイロプラクティック発祥の地アメリカでの正規の教育プログラムを修了、国家試験にも合格し、アメリカでの開業資格を持ったドクターオブカイロプラクティックと呼ばれる学位を取得しています。

 

◎肩こりや腰痛だけでなく、足首の捻挫や肩の痛みなどスポーツでのケガに関しても対応してもらえる


 

「カイロプラクティックと聞くと、肩こりや腰痛に関してのものというイメージだったけれど、足首の捻挫などもみれるとは知らなかった。」

 

⇒カイロプラクティックの学校卒業後にスポーツカイロプラクティックの資格を取得し、またスポーツ科学の修士も修めることで、脊椎や骨盤以外の関節や筋肉、特定のスポーツによるケガに対する施術やケアに関しても十分な知識があります。

 

◎自分のからだに興味をもつようになる


 

「通い始めてから自分のからだに興味をもつようになり、ケアをするためにいろいろと調べたり、運動やエクササイズでセルフケアをするようになった。」

 

最終的にあなたのからだを治すのはあなた自身であり、周りがどんなにベストなものを提供しようとあなた自身があなたのからだに無関心では治るものも治りません。

わかりやすい説明をすることで、あなたがからだに興味をもつように心がけています。

 

◎脳とからだへの再教育という考え方がおもしろい


 

「ここに来て初めて、通うこと・セルフケア・運動の大切さをちゃんと理解することができました。」

 

⇒カイロプラクティックや、筋肉への正しいアプローチはあなたのからだに適切な刺激を入れ、本来のバランスを取り戻すため・覚えなおすための手段であり過程です。

つまりは脳とからだの再教育ということになります。

 

◎からだのケアにおける選択肢が増えて良かった


 

「痛み止めを飲んで、湿布を貼るしかないと今まで思っていましたが、自分のからだに対して他にももっとできることがあることが知れて嬉しかったです。知り合いにも教えてあげようと思います。」

 

⇒薬や湿布・手術も含めてですが、何が一番良い方法なのか、ベストなケアなのかということは判断するのは難しいことです。ただ他にも出来ることがある、選択肢があることを知っておくことは自分のからだをケアする上でとても大事なことです。カイロプラクティックや運動がそのうちの1つに入れるように提案しています。

さまざまなスポーツ・運動を楽しんでいる方にご利用いただいております!


野球・バスケットボール・ウェイトリフティング・ボディビルディング

クロスフィット・サイクリング・ゴルフ・マラソン・アルティメット

トレイルランニング・柔道・空手・水泳・ラグビー・サッカー・格闘技

柔術・バレエ・テニス・テコンドー・陸上(短~長距離、棒高跳びなど)

トライアスロン・レスリング・スポーツクライミング・スパルタンレース

フットサル・ダンスパフォーマー・登山