· 

【頚椎症性神経根症】首の痛みと腕や手の痛み・しびれ。


首の痛みと共に腕の症状が出てしまう頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)というものがあります。

 

頚椎の横から出ている神経が周りの組織に圧迫されて起こるとされていて、神経が圧迫されることにより、首や腕にも痛みやしびれ、皮膚の感覚の変化、力が入れにくいなどの症状が出ることがあります。

圧迫だけでなく、頚椎周辺のはたらきが低下することでも起こります。

 

加齢による関節の変性、神経の出口が狭くなる、椎間板のヘルニア、などが原因として考えられ、 過去に何度か首の痛みを経験したことがある方に多い傾向があるとされています。

 

多くの場合で片側だけに症状が出ますが、両方に出ることもありえます。首や腕など上の図で色分けされた場所に一定のパターンとして症状が出ることが多いです。

 

4050代に多いとのデータもありますが、どの年齢でもなりえます。(3)

重いもの持つ・水泳のダイビング・振動する道具を使う・ゴルフをするといったことが長期にわたることで要因の1つとなりうることも報告されています。(5)

 

「首も痛いし、腕や手首も痛み」

「手に上手く力が入らない」

「腕のしびれ・痛みがひどくて仕事にならない」

 

多くの場合で自然に良くなっていくとされていますが、なかなか良くならない・何かできることを積極的にやっていきたいという方も多いように思います。

 

日常生活での動作にも大きく影響してしまうので、お困りの方は是非一度お読みください。

 

なんで首が原因で腕の症状が出るの?


頚椎は7個あり、その間から8つの神経が出ています。これらが頚椎から出る部分で圧迫されたり、炎症が起きたりすることでなると言われています。

*神経根は末梢神経よりも圧迫に敏感なため起こりやすいとされています。 (2)

  • 加齢により関節の状態が変わってしまったことによるもの
  • 椎間板ヘルニアが関係するもの

の2つがよくある原因として挙げられます。(2)

 

首の骨の下の方(下部頚椎:C5~C7)が影響を受けることが多く、それらに順じた症状のパターンが出ることが多くなります。(3)(4)

 

7075%は加齢などによる関節の変性によって神経の出口(椎間孔)が狭くなり起こると言われています。ケガや外傷が原因でなる方は少なく、15%程とも言われています。(1)

 

交通事故歴とも多少なり関係があるようで、評価の際には大切な情報となります。

 

痛みや症状は人それぞれ


  • 上図・下図における色分けされ部分のように一定のパターンに沿った腕の痛みやしびれ
  • 首の痛み
  • 腕・手指の力が入りにくい・筋力の低下
  • 腱反射の異常
  • 頭痛
  • 肩甲骨周りの痛み
  • 首や上肢の感覚異常や運動異常

などが出る可能性のある症状として挙げられます。(2)

 

ですが、痛みや感覚・筋力の低下が必ずしもあるわけではありません。

 

多くの場合で、上を見上げた状態で、症状のある方向を向くと症状が悪化するもしくは再現されます。

逆に、腕や手を挙げる、手を頭の上に置いたりすることで症状が和らぐこともあります

 

首周りがかたくなったり、動きが制限されたりすることで肩こり・首こりが一緒に出ることもあります。肩甲骨の内側(肩甲骨の間)に痛みが出ることもあります。

 

*下の表と図からわかるように、どのような症状が出ているかによって、問題を引き起こしている・引き起こされている神経に違いがあります。

Cは頚椎、Tは胸椎の略。(4)より引用。
Cは頚椎、Tは胸椎の略。(4)より引用。

OSCではどうするの?


頚椎症性神経根症だと判断するにはレントゲンやMRIでの診断が必要なため、上で挙げたような症状がある場合はまずは整形外科などの医療機関でみてもらうことをおすすめします。

 

90%以上のケースで、自然に良くなっていくとされている問題ではありますが、よりアクティブにケアしていきたいという方には運動などを交えた方法をとることが多いです。(5)

 

また、なかなか良くならない、診断はされたけど何をすればいいのかわからないなどの場合は、生活習慣に対するアドバイス・徒手療法・エクササイズなどを含めた統合的なアプローチを行っていきます。

 

特に、首周りの筋肉を鍛える・普段の姿勢や寝る体勢などを変えていく・生活習慣の改善は大切なので、そういった面に関してもOSCではアドバイスさせていただきます。  


カイロプラクティック、その他のマニピュレーションによるアプローチに関しては効果は報告されていますが、画像での正確な診断が行われてから行うべきなど、評価をまずしっかりと時間を使ってやるべきとされています。(3)

頚椎以外の部分の動きを良くすることも大切なので、からだ全体をみて評価していきます。

 

むやみやたらに徒手でアプローチしていい問題ではないので、経験と知識のある専門家にお願いすることが大切です。

 

医療機関の受診が終わっているかなどを含めて、OSCでは初回の評価に時間を使い、あなた自身にあったケアプランを作成してアクティブな改善をサポートします。

 

*初回の評価結果によっては医療機関の受診・再受診をすすめることもあります。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


LINEでも上記のような情報を紹介しています。お問い合わせ・ご予約もLINEからが便利です

友だち追加

メールでのお問い合わせ:

oumisportschiro@gmail.com

 

お電話でのお問い合わせ:


参考文献:

  1. Souza TA (2014). Differential Diagnosis and Management for the Chiropractor 5th Edition. Burlington, MA: Jones & Bartlett Learning.
  2. Physiopedia. Cervical Radiculopathy. Retrieved from https://www.physio-pedia.com/Cervical_Radiculopathy.
  3. Rodine RJ and Vernon H. Cervical radiculopathy: a systematic review on treatment by spinal manipulation and measurement with the Neck Disability Index. J Can Chiropr Assoc. 2012 Mar; 56(1): 18–28.
  4. Eubanks JD. Cervical radiculopathy: nonoperative management of neck pain and radicular symptoms. Am Fam Physician. 2010 Jan 1;81(1):33-40.
  5. Iyer S and Kim HJ. Cervical radiculopathy. Curr Rev Musculoskelet Med. 2016 Sep;9(3):272-80.