· 

【腰痛 】安静よりも動いた方がいい場合もある

腰痛は現代社会において80%以上の人が人生のうち一度は経験すると言われています。

 

運動やスポーツを楽しむ方にも多く、やりたいエクササイズができなくなってしまった・競技を続けられなくなった・仕事に支障が出ているという悩みにつながってしまいます。

 

ただこの腰痛、何もしなくても痛みが軽減してくることも多く、それを治ったと思ってしまい適切な処置をせずに放置してしまう方は少なくないです。

 

また、痛みが慢性的に続いている場合でも「安静にして温める!」とみなさん考えがちですが、実は運動などで動いた方がいいものなど原因によって出来ること・やるべきことが大きく違ってきます

 

「腰が痛いけど、どこでみてもらえばいいかわからない」

「いろいろ試したけど、良くならない」

「どこに行っても直後は良くなるけど長続きしない」

「腰痛とちゃんと向き合いたい」

 

といったことでお困りの方は是非一読ください。

 

腰が痛くなる原因は?


実は腰痛がおこるメカニズムは今現在でも完全には解明されてはいません

 

ケガなどで腰を傷めてしまった場合はもちろんですが、精神的なストレスや食生活・生活習慣、最近では脳が「腰が痛い」と思ってしまっているといったようなさまざまな原因が考えられるためです。

 

腰痛治療においてはこの”脳とからだ”の関係が最近では注目されており、OSCでも主な原因の1つとして力を入れている部分でもあります。

 

痛みがなくなったということだけに着目してしまい、実はからだの他の部位に負担がかかっていて、からだ全体のバランスがくずれた状態を脳が覚えてしまっているということがあります。

そういった理由から、若いころに腰痛を持っていた人は大人になってからも同じように腰痛に悩む人が多いという研究もあります。

 

「腰痛はしばらく経ったら勝手に治るんだけど、またしばらくするとなるんだよね」

こういった方はとても多いのではないでしょうか?

 

しっかりとしたケアを受けていないとすぐに再発してしまうのも腰痛の特徴です。

 

原因となる部位は人それぞれ


腰痛とは背中の真ん中下あたりから骨盤部にかけてあらわれる痛みのことを言います。

 

腰痛で一番大切なのは、何が原因でその痛みを引き起こしているかということを見極めることです。

 

原因として考えられるものは、

骨が折れている、筋肉がかたい、関節の動きが悪いといったもの、

内臓系の病気から由来するもの、

深刻な病気や問題と関係しているもの、

さらには仕事環境や精神的ストレスによるものなどさまざまです。

 

あくまで1例ですが以下に挙げる症状についても、腰痛を伴う可能性があるので、評価を正しくしなければならないとカイロプラクティック学校時代に何度も教えられました。

  • 椎間板ヘルニアなど
  • 椎間関節症候群
  • 脊柱管狭窄症
  • 脊椎すべり症・分離症
  • 仙腸関節の問題
  • 強直性脊椎炎・ライター症候群

「この腰痛とはずっと付き合っていくしかないと思っている」

「いろいろ治療を試してみたけれどなかなか良くならない」

「腰痛を治すことをきっかけにもっと運動やスポーツをやっていきたい」

「腰痛の原因を知りたい」

 

といったことでお困りの方は是非一度ご相談ください。

 

*急にグキッとやってしまった場合(ぎっくり腰など)や、スポーツでの接触や事故が原因の腰痛に関して、また、脚のしびれなどがひどい場合、下半身に力が入らないなどの場合はまずは整形外科などの医療機関の受診をおすすめしています。

 

*以下の記事も合わせてご参照ください

  • ぎっくり腰に関してはこちらから
  • 椎間板ヘルニアに関してはこちらから
  • 骨盤矯正に関してはこちらから

OSCではどうするの?まずは正確な評価が大切です。


何が原因かをつきとめるために、カウンセリングと検査で時間を使ってチェックします。

医療機関の受診がまだで、そちらを先にした方がいい場合などはご提案させていただきます。OSCではこの最初の課程がとても大事だと考えているので、時間を使って丁寧に調べていきます。


OSCで何かできる範囲のものであれば、まずは脳とからだのコミュニケーションを整えるために脊椎・骨盤全体をチェックします。四肢の関節や筋肉のバランスがくずれているところを見つけて整えます。整えたバランスが持続できるようにセルフケア・エクササイズを行っていただくのと同時に生活習慣や運動習慣の観点から変えられることをアドバイスさせていただきます。

 

FYI: 腰痛治療のガイドライン 2018


カイロプラクティックに関する最新の研究やリサーチ・治療方法に関するガイドラインを多く発表しているカナダカイロプラクティック協会による腰痛治療に関するガイドラインのまとめを紹介させていただきます。

  • 薬や手術など何か身体に入れるものよりも、まずはカイロプラクティックなどのアプローチがすすめられる
  • カイロプラクティックだけ、マッサージだけ、エクササイズだけというように何か1つのものだけで解決しようとするのではなく、それらを組み合わせた複合的なアプローチが一番効果的である(OSCではカイロプラクティックをベースに複合的なケアを提供しています
  • 急性の腰痛、慢性の腰痛、脚の症状を伴う腰痛に関しても上記と同じことが言える

こんなケースがありました


【ケース1:40代・男性・クロスフィット】

  • クロスフィットジムで重りを挙げた際に腰を傷めたとのことで来院。整形外科は受診済みで骨折などはないとのことでしたが、過去に椎間板ヘルニアの既往歴がありました。
  • 脊椎の動きをチェックしてみると腰椎の一部で動きが顕著に低下している部分がありました。
  • 動きの悪い脊椎に対してのアジャストメントと周囲の筋肉に対するリリースとエクササイズで4週間程でだいぶ痛みも落ち着き、正しい動きが出来るようになりました。

*ケガに対しての処置が不十分だと、脳がその部位を正しく把握できない状態のまま運動や生活をすることになってしまい再受傷や他の部位のケガにつながる可能性があります。

*「ケガの原因は昔のケガ」という有名な言葉があります。

 

【ケース2:10代・女性・バスケットボール】

  • 練習中に腰が痛くなり、ひどい時には脚にしびれが出るとのことで来院。病院などは受診されていないとのことでした。
  • 腰椎への圧痛が強かったのと、しびれが気になったので、まずは整形外科の受診を提案させていただきました。
  • 後日、整形外科を受診しレントゲン/MRIを撮ったところすべり症の疑い(ストレス反応)があるとのことで、病院でのリハビリを受けることになったと親御さんから連絡がありました。病院の受診をすすめてもらってよかったとお礼の言葉をいただきました。

 *実はすべり症は10代の腰痛の原因として多いものでもあります。

 



*ケースは随時更新・追加していきます。

施術内容やクライアントの反応に関しては個人差があり、上記のケースは効果を保証するものではありません。


予約や質問・お問合せは以下のメールフォームからできますので、わからないことはなんでも気軽にご連絡ください。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


運動をより楽しむ為のからだのケアは米国国家資格のOSCへ!

 

OUMIスポーツカイロプラクティック


近江顕一/ Kenichi Oumi, DC, CCSP


〒190-0022
東京都立川市錦町2-2-21 小松ビル3F


Tel: 042-840-9200
Email: oumisportschiro@gmail.com
FB: @oumisportschirotachikawa


OUMIスポーツカイロプラクティック

参考文献:

  • Bussières AE, Stewart G, Al-Zoubi F, Decina P, Descarreaux M, Haskett D, Hincapié C, Pagé I, Passmore S, Srbely J, Stupar M, Weisberg J and Ornelas J. Spinal Manipulative Therapy and Other Conservative Treatments for Low Back Pain: A Guideline From the Canadian Chiropractic Guideline Initiative. J Manipulative Physiol Ther. 2018 May;41(4):265-293.

  • Souza TA (2014). Differential Diagnosis and Management for the Chiropractor 5th Edition. Burlington, MA: Jones & Bartlett Learning.