· 

【外側大腿皮神経痛】太ももの前や外側の痛み・しびれ


太ももの前側や外側に痛みやしびれが出てしまう、外側大腿皮神経痛というものがあります。坐骨神経痛などと同じように神経に何かしらの問題が起こることで、その神経が支配する場所に影響が出てきてしまいます。

 

30~40代の方に多いというデータがありますが、何歳でも起こりうる問題です。

 

*ロス・ベルンハルト症候群という別名もあるようです。

 

「坐骨神経痛とは違う痛みが脚にある」

「太ももの前や外側がしびれる」

「長時間座った後に立つと脚がしびれる」

 

といったことでお困りの方は是非お読みください。

 

*余談ですが、外側大腿皮神経痛は英語でMeralgia Parastheticaと言い、スペルミスが多くなかなか覚えられない単語の1つです。

 

なんで太ももの前側・外側に症状がでるの?


 

外側大腿皮神経痛(Lateral Femoral Cutaneus Nerve)は、太ももの前側から外側にかけての皮膚の感覚をコントロールしている神経なので、この神経に何か問題が起こると右図の赤い丸で囲んだ場所(が指しているピンク色の部分)に痛みやしびれなどの症状が出ることがあります。

 

骨盤やそれに付いている靭帯、骨盤周りの筋肉の近くを通るため、この神経に問題を引き起こす可能性があるものはいくつか考えられます。

 

*人によって、この神経が通る場所も若干違うと報告されていて、一概にここが原因とは言えないとされています。

  • 長時間の座り作業
  • 肥満
  • 前ポケットにものを入れている人
  • タイトなズボンなどの骨盤周りを締め付けるような服装
  • 妊娠

などが原因となる場合があり、糖尿病やアルコール依存症とも関連があるようです。

その他、直接ぶつけたり、筋肉がかたくなる、骨盤の傾き、脚の長さの違いなども関係することがあるようです。


スポーツでは、体操・野球・サッカー・ボディビルディングなどの強度の高い運動などで報告されています。前かがみで股関節を曲げる姿勢を維持することから、自転車競技やトライアスロンの選手にもみられることがあります。

 

どうやって判断すればいい?


以下のような症状が太ももの前外側にある場合が多いです。

  • 痛み
  • 焼けるような痛み
  • しびれ
  • 筋肉痛のような痛み

長時間立っていると痛みが出るが、座ると楽になることもあります。

 

OSCでのアプローチ


腰椎椎間板のヘルニアや神経根の問題など、より深刻な問題が関係していることもあるので適切な評価が大切です。

 

筋肉のバランスなどをみながら、どこが原因でこの神経に問題を引き起こしているのかを見つけ出して、施術やエクササイズを行っていきます。

と同時に生活習慣の改善など自身で出来ることをやっていただきます。

 

外側大腿皮神経痛だという直接的な判断が難しいので、他の問題の可能性を考慮しながら最終的に判断することになりますが、まずは整形外科などを受診していただくのが良いかと思います

 

レントゲンやMRIなどの画像では特に異常なしと言われた、なかなか良くならないなという方は是非一度ご相談ください!

 

初回の検査をもとに作成したケアプランで、根本的なおかつ再発しにくいからだづくりのサポートをさせていただきます。

*初回の結果によっては医療機関の受診・再受診をすすめることがあります。


参考文献:

  • Cheatham SW, Kolber MJ and Salamh PA. Meralgia paresthetica: a review of the literature. Int J Sports Phys Ther. 2013 Dec;8(6):883-93.

お問い合わせメールフォーム


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


立川市のOUMIスポーツカイロプラクティック