· 

【坐骨神経痛】腰・骨盤・お尻・脚、どこが原因?


坐骨神経痛 

お尻から太もものうら、ふくらはぎにかけて痛みやしびれ、違和感がある。

坐骨神経痛でよくある症状です。

 

坐骨神経痛という言葉自体は意外と知られていて、

「私、坐骨神経痛をもっているんです」

「坐骨神経痛と診断されました」

と言ってオフィスに来られる方も少なくないです。

 

実は坐骨神経痛という言葉の意味は『坐骨神経に何か問題がありますよ』という程度のものなので、実際に何が問題で、何が原因で坐骨神経に影響が出てしまったのかということを詳しく調べなければいけません。

 

坐骨神経痛の原因って?


坐骨神経に問題を与えるものって何があるの?ということですが。さまざまです。

  • 腰椎椎間板のヘルニア
  • 脊柱管・椎間孔狭窄症
  • 変形性の関節症
  • 脊椎の捻挫
  • すべり症
  • 梨状筋などの筋肉による圧迫
  • 仙腸関節の問題
  • 坐骨神経周辺の筋肉や腱の炎症による影響
  • 大腿骨(太ももの骨)の問題

などがざっと挙げられます。

 

妊娠後期の妊婦さんにもみられることがあります。

 

このように、考えられる原因はいろいろとあり医療機関の受診をするべきものや、カイロプラクティックや筋肉のバランスケアに効果を期待できるものもあります。

 

何が問題かをしっかりと見つけ出すことが重要です。

 

「病院で診てもらったけど深刻な原因はないと言われた」

「リハビリをしているが良くなっている気がしない」

「一時的に良くなっても、すぐしびれや違和感が戻ってきてしまう」

「どこで見てもらえばいいのかわからない」

 

といった方は是非一度ご相談ください!

 

OSCでのアプローチ


  1. まずは一番重要な評価。何が原因なのかをカウンセリングや検査から見つけ出します。この時点で医療機関の受診が先と判断した場合はそちらを勧めさせていただきます。
  2. OSCで何かできると判断した場合は、まずは脳とからだのコミュニケーションを良くするためカイロプラクティックアジャストメントを行います。
  3. 神経に問題を与えている可能性のある関節や筋肉に対してアジャストメントやリリースを行います。
  4. それらの効果がより持続されるようにホームエクササイズをやっていただきます。
  5. 生活・運動習慣を含めて改善するべき点に関してアドバイスさせていただきます。

*初回の評価をもとに作成したケアプランに沿って、根本解決をサポートします。

*検査結果によっては医療機関の受診・再受診をすすめることもあります。


こんなケースがありました


【ケース1:60代・男性・市民ランナー】

 

➡レース中に左脚に違和感を感じ、次の日にしびれへと変わったとのことで来院。仙腸関節と大腿骨の動きが良くなかったので、アジャストメントを行ったところしびれが大分治まりました。お仕事がデスクワークということで、お尻周辺の筋肉のバランスが崩れていたのでリリースを行い、ホームエクササイズをやってもらうことで通常のランニングに戻ることができました。

*運動習慣と生活習慣の両方を見直すことが大切です。

*ケースは随時更新・追加していきます。

*効果には個人差があり、上記のケースは結果を保証するものではありません。

 

お問合せやご予約はこちらから↓


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


立川市のOUMIスポーツカイロプラクティック