カイロプラクティックの研究

「カイロプラクティックは私たちの”脳とからだのコミュニケーション”を良くします」 カイロプラクティックでは、脊椎や骨盤から上手く脳へと情報が送れていない場所、つまり脳がその部分の状態を正確に把握できていない場所に対してアジャストメントを行い、脳がからだの状態をより良く知ることができるようにお手伝いをします。...

「カイロプラクターはアジャストメントが必要な脊椎(関節)を正確に判断し、必要最小限の力でアジャストメントを行います。」 カイロプラクターが行うアジャストメント。 むやみやたらに行っているわけではありません。...

「カイロプラクティックには脳における神経可塑性を起こす効果がある」 私たちの脳はからだのいろいろなところから送られてくる情報を基に、脳でそれらを統合して判断し、からだに指令を出しています。 からだから良い情報・正しい情報が送られてくれば、脳で正しい判断をして、正しい指令を送ることができますが、...

近年ではカイロプラクティックアジャストメントが脳にどう影響するかというリサーチが多くなってきました。個人的にも一番興味のある分野です。 今回紹介する研究は2016年に発表され、カイロプラクター達の間で一時的ですがとても話題になった「アジャストメントと脳」に関する代表的な研究の1つです。...

カイロプラクターが行う、脊椎サブラクセーションを評価するための触診に関する論文です。モーションパルペーションをはじめ触診は信頼性があまりないということが、エビデンスを考えた時によく言われていることです。 でもいくつかのテストを組み合わせて行うことで、その信頼性を高められるのではないかという内容です。