自分のからだに興味をもつ

"I see dead people..." シックスセンスという映画のワンシーンで、ハーレイ・ジョエル・オスメント君演じるコール君が「死者が見える。」と言った有名なシーンです。 覚えている人は覚えているでしょうか笑。懐かしいですね。 人間にとっての第6感って何でしょうか? 5感を超越するもの・霊感・直感・超能力の1つなどと一般的には言われるようです。

OSCに来てもらった方々にはほとんどの場合、その時の評価や施術後の反応に基づいた簡単なエクササイズをいくつか家でやってきてもらうようにしています。 特別な器具などを使わずに、自分の体重を使って手軽に家などで出来るのでホームエクササイズです。...

2019年の最初のブログは「健康寿命とカイロプラクティック」というテーマについてです。 生涯寿命と健康寿命という言葉は最近テレビなどでも多く聞かれるようになりました。 100歳まで生きたけど、最後の10年は寝たきりだったというよりも、生涯寿命が尽きるまで自分の足で歩いて、健康でいたいというのはみなさんが思うことかと思います。

胸郭出口症候群では 腕や薬指・小指にしびれがでる 腕を挙げるのがだるくなったり、重く感じる 握力が弱くなる 手が冷たくなったり、色が白くなる といった症状が出ることがあります。

本を読む時、漫画を読む時、上の写真のような姿勢になっていませんか? スマホネック・テキストネックなどと言われる問題がありますが、このような姿勢が原因でなることが多いです。 この姿勢が原因でからだにいろいろな問題が起こるワケですが、呼吸がしにくくなったり、集中力が落ちるということもあります。 この姿勢、簡単な解決方法があります。...

ランナー膝という言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。 ジョギングやマラソンを楽しんでいて、膝が痛いとだいたいの方がランナー膝だと思いますよね。...

先日、一通りケアが終わり次のステップへの区切りがついたクライアントの方に、「やらない方が良い動きなどはありますか?」という質問をいただきました。 もちろんやらない方がいいものはあるのですが、できるだけ動くようにすることも大切です。動くことが怖くて、そのことがからだに染み付いてしまうことが一番厄介です。...

肩こりは日ごろのストレスやデスクワーク、悪い姿勢などによりからだの悪いくせ・くずれた筋肉のバランスをからだが覚えてしまうことで長引いて、なかなか良くならないものです 一度肩こりになってしまうと、一定の期間が経ったあとに良くなったとしてもまた再発しやすくなります。...

脚にしびれなどが出てしまう坐骨神経痛にお悩みの方は少なくありません。 坐骨神経痛に関する記事でお話ししたように、坐骨神経痛をどうにかしたいなら、からだのどこで坐骨神経に問題が出ているのかを見つけなければなりません。 その可能性の1つに仙腸関節という、いわゆる骨盤矯正でアプローチされることの多い部位があります。...

先日、クライアントさんの1人と痛み止めなどの薬について話す機会がありました。 薬を使いたくないからこういったカイロプラクティックを利用するという方はそんなに少なくありません。...

さらに表示する