FAKTR(ファクター)


IASTM ファクター ロックブレード
左端にあるのがファクター。右の2つはロックブレードと呼ばれるツールです。

金属のツール(多くの場合はステンレス製)を使ったアプローチ方法です。IASTM (=Instrument Assisted Soft Tissue Mobilization)と呼ばれるものの1つで、アメリカを始め世界のスポーツの現場で使用されており、その効果が注目されています。

 

下の写真にあるような金属のツールで、肌や筋肉をこするようにして行います。

 

スタッフの近江は日本では数少ないファクターの認定プロバイダーです。公式サイトのプロバイダーリストにも載っています。

どんな効果が期待できる?


Kim et al.によるIASTMの効果をまとめたレビュー論文によると、

  • 痛みの軽減
  • 可動域の改善(より動かせるようになる)
  • 筋肉などの軟部組織の機能を回復させる
  • ケガの治癒過程において生理学的に良い効果をもたらす

などの報告がなされています(1)

運動やスポーツでおこるケガに対して有効といえるとされています。


参考文献:

  1. Kim J, Sung DJ and Lee J. Therapeutic effectiveness of instrument-assisted soft tissue mobilization for soft tissue injury: mechanisms and practical application. J Exerc Rehabil. 2017 Feb; 13(1): 12–22.

FYI


*正式にはFunctional and Kinetic Treatment with Rehab/FAKTR-PMと呼ばれ、アメリカにいるスポーツカイロプラクターとして有名なTom Hyde, DCによりつくられました。

 

  • FUNCTIONAL ⇒ 動きの中での評価
  • KINETIC ⇒ キネティックチェイン
  • TREATMENT ⇒ さまざまなテクニックへの応用
  • REHAB ⇒ リハビリテーション
  • PROVOCATION ⇒ 症状が出るポジションでのアプローチ
  • MOTION ⇒ 動きの中でのアプローチ