· 

【頚椎原生頭痛】首の動きが原因で起こる頭痛


 

頚椎原生頭痛(けいついげんせいずつう)というものがあります。

 

簡単に言うと、首の関節の動きが原因で起こる頭痛です。

 

院長の近江も、学生時代は定期的な頭痛に悩まされることが多く、特に根拠や知識もなく「偏頭痛持ちなんだよね」などと言っていました。転機は上部頚椎のアジャストメントと後頭下筋群(後頭部にある小さい筋肉)のリリースを受けた後のこと、気づけば頭痛のない生活をおくっていました。

 

偏頭痛・緊張性頭痛に続く、第3の頭痛などと言われたり、薬が効かない頭痛などとも言われることがあります。

 

「肩こりや首こりと一緒に頭痛が出ることがある」

首を酷使した後に頭痛になることがある」

「姿勢が悪い」

 

といったことでお困りの方は是非お読みください。

 

首の動きが原因でなぜおこるの


頭痛がなぜ起こるのか、頭痛のメカニズム自体ある程度わかってきてはいるものの、いろいろな要素がからむ為、一口にこれといった定義が難しいのが現状です。

 

Cervicogenic Headache International Study Groupによる判断基準では、

  1. 首・頚の動きや頭の位置が悪い・姿勢が悪い状態が続くことによって起こる頭痛
  2. 後頭部にある筋肉を押した時に起こる頭痛

の両方が当てはまる場合に頚椎原生頭痛としています。

デスクワークやスマホを使いすぎた後に頭痛が出る方はこの頭痛の可能性があるかもしれません。

 

少し難しい話になりますが、首の関節(頚椎)などは神経学的なつながりから、頭・首周囲の筋肉や組織と深い関係があります。関節の動きが悪くなることで、そういったつながりのある筋肉や神経に影響することで頭痛が起こると言われています。

 

OSCではどうするの?


まずはカイロプラクティックアジャストメントで脊椎の本来の動きを取り戻します。そして、姿勢などからくる筋肉のバランスが崩れた状態を改善させます。

特に筋肉においては後頭部にある小さい筋肉に着目してリリースやファクター(IASTM)などを行います。生活・運動習慣におけるアドバイスを行い、エクササイズでセルフケアが行えるようにします。

 

OSCでは、初回でしっかりとした評価を行い、その結果をもとにケアプランを作成して根本的な解決をサポートします。

 

*頚椎原生頭痛はカイロプラクティックなどの徒手療法で改善した例が多くみられるタイプの頭痛です。

*後頭部の小さい筋肉=右上の図のSuboccipital musclesが示している筋肉


来院される方で、頭痛を治してほしいという方はそこまで多くありませんが、上記のような問題を肩こりなどと併発していて、カイロプラクティックアジャストメントと筋肉へのアプローチでかなり改善されたという方が結構な数いらっしゃいます。

 

症状を隠すのではなく、根本的な部分にカイロプラクティックでアプローチできるというのは選択肢の一つとして考えてみる価値はあると思います。

 

「首を動かすと頭痛がする」

「デスクワークをしばらくやると頭が痛くなる」

「肩こりがひどいし頭痛もある」

 

といった方は是非一度ご相談ください!


*施術に対する反応には個人差があります。

*上記のケースレポートは効果を保証するものではありません。

 

お問い合わせ・ご予約はこちらから↓


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


立川市のOUMIスポーツカイロプラクティック

参考文献: 

  • Chaibi A, Knackstedt H, Tuchin PJ and Russell MB. Chiropractic spinal manipulative therapy for cervicogenic headache: a single-blinded, placebo, randomized controlled trial. BMC Res Notes. 2017 Jul 24;10(1):310.
  • Fleming R, Forsythe S, and Cook C. Influential Variables Associated with Outcomes in Patients with Cervicogenic Headache. J Man Manip Ther. 2007; 15(3): 155–164.
  • Sjaastad O, Fredriksen TA and Pfaffenrath V. Cervicogenic headache: diagnostic criteria. The Cervical Headache International Study Group. Headache 1998; 38: 442-5.