· 

【鵞足炎】骨盤から”すね”にくっついている筋肉が原因の膝の痛み。


鵞足炎(がそくえん)という膝に痛みがでてしまう問題があります。

 

上図にあるように膝の内側に痛みが出たり、お皿より下・内側を押すと痛かったりします。

 

他の膝の問題との区別がなかなかはっきりしにくいものでもあるので、正しい評価が必要でありさらには膝だけでなく、からだ全体をみる必要があります。

 

「運動中に膝が痛い」

「膝が痛いけど病院では何もないと言われた」

「膝の痛みがなかなか良くならない」

「鵞足炎に対しては何をすればいいの?」

 

といったことでお困りの方は、まずこのページをお読みいただき鵞足炎への理解を深めていただければと思います。

 

*その他の「膝の痛み」に関してはこちらもご参照ください。

 

鵞足とは?なんで痛くなるの?


*画像はhttps://khohealth.com/pes-anserine-pes-anserinus/より引用

*右膝を内側から見た図(Pes anserinus=鵞足、Sartorius=縫工筋、Gracilis=薄筋、Semitendinosus=半腱様筋、Bursa=滑液包)


鵞足とは縫工筋・薄筋・半腱様筋(ハムストリングスの一部)の腱が集まって膝のすぐ下より少し内側にくっついている部分のことを言います。(上図参照)

*その見た目がガチョウ(鵞鳥)の足に似ているのでそう名付けられたようです。

 

また、その腱の集まりのすぐ下(深部)には滑液包というクッションのような組織があり、これらの動きを良くするための大切な役割を持っています。(上図の右側参照)

 

鵞足をつくっている3つの筋肉のはたらきは股関節を曲げたり・内旋(脚を内側にひねるような動き)させたりすることです。

 

そういった動きの多いスポーツ・運動を繰り返すことにより、腱自体や滑液包にストレスがかかり炎症を起こすことで痛みなどにつながります。

 

3つの筋肉は骨盤からすね(脛骨)にくっついているので、骨盤・股関節・足首などがしっかりと使えていないことも、鵞足周辺にストレスを与える1つの要因となりえます。(2)

 

また、この部分を直接ぶつけたり、スポーツなどで人にぶつかられたりすることでも同じようなことが起こります。

 

骨盤の影響を受けやすいことから女性に多いとも言われ、さらには肥満や糖尿病とも関係するようです。変形性膝関節症の方はこの滑液包が炎症を起こしていることもあります。(1)

 

鵞足炎でよくみられる症状


  • 膝の痛み(ランニング時や階段の昇り降りの時)
  • 圧痛・押すと痛い(特に膝の前内側から下に2~3cmのところ)(1)
  • 膝の腫れ
  • スポーツ動作時の痛み(ピボット動作・キックや蹴り・スクワット・横移動の動き
  • その他膝に力が入れにくい、動きや機能の低下など (3)

内側側副靭帯や内側半月板を傷めた時の痛みとも間違えやすいので、正しい評価が必要です

 

OSCでできること


上記にもあるように、内側側副靭帯損傷や半月板を傷めた時、その他骨盤や足首由来の膝の痛みととても混同しやすいので、膝だけでなくからだ全体をみてチェックしていくことが大切です。

 

その上で、脳とからだのコミュニケーションを良くするために、脊椎・骨盤にカイロプラクティックアジャストメントを行い、さらには必要であれば足首や膝自体など四肢にもアジャストメントを行っていきます。

 

IASTM筋肉のバランスケアなども行いますが、腱自体や滑液包自体に何かをすることは難しいので、基本的には膝に余計なストレスのいかないようなからだづくりとからだの正しい使い方をホームエクササイズと併用してからだに教えこんでいきます。

 

避けるべき動作や運動など、生活・運動習慣の改善も特に初期の段階では必要なので、アドバイスやセルフケアに関してもしっかりとサポートさせていただきます。

 

OSCでは初回に主に検査・評価を行い、その結果をもとに作成したケアプランを使って根本的かつ再発しにくいようなからだケアをサポートしています。

 

*初回の結果によっては医療機関の受診・再受診をすすめることもあります。


お問い合わせフォーム


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


◎LINEからのお問い合わせ・ご予約も可能です。

友だち追加

参考文献:

  1. Sarifakioglu B, Afsar SI, Yalbuzdag SA, Ustaömer K and Bayramoğlu M. Comparison of the efficacy of physical therapy and corticosteroid injection in the treatment of pes anserine tendino-bursitis. J Phys Ther Sci. 2016 Jul; 28(7): 1993–1997.
  2. Hyde TE and Gengenbach MS (2007). Conservative Management of Sports Injuries 2nd Edition. Burlington, MA: Jones & Bartlett Learning.
  3. Physiopedia. Pes Anserine Bursitis. Retrived from https://www.physio-pedia.com/Pes_Anserinus_Bursitis.